太尾町整骨院 > コラム > 四十肩・五十肩
2017年2月20日(月)

四十肩・五十肩

四十肩・五十肩は、突然に起きます。

腕を上げようとすると、肩関節のあたりに痛みと違和感をおぼえ、上がらなくなります。

上方向だけではなく、前に伸ばしたり、服に袖を通そうとしたときなどにも、

痛みが起こってあがらなくなります。

 

そのために日常の動作において、肩をかばってしまい不自然な動作になり、

肩や首周辺にコリや筋違いを誘発したりします

睡眠中にも痛みで目が覚め、睡眠不足に」なるなど、日常生活で様々な支障が起こることがあります。

 

ごく初期ならば、温水で肩を温めると腕が楽にあがることもあります。

また、もう片方の手でサポートしてみると、あまり痛みを感じずに腕を上げることができたりします。

 

こうした軽症段階の四十肩・五十肩は、意識的に腕を動かすことで改善することができる可能性があります。

それ以外にも症状改善の為に、太尾町整骨院ではご指導させていただきますのでご相談下さい。

肩こり 腰痛 四十肩 五十肩 ヘルニア ストレッチ 大倉山 整骨院