太尾町整骨院 > コラム > 打撲も立派な怪我!
2015年4月11日(土)

打撲も立派な怪我!

打撲なんか、怪我のうちに入らない!

なんて思っている方はいませんか?

大して痛くないものもありますが、打撲は立派な怪我です。

打撲は、筋肉の線維細かい毛細血管を損傷します。(打撲部に内出血が出るのが証拠です)
大きな筋肉に覆われていると、内出血が出現しずらいこともありますが、基本は打撲部は初期は青紫段々色が抜けて薄黄色となり、肌の色に戻ります。

人間には自然治癒力がありますので、そのまま放っておいても痛みは落ち着いてきます。でも、完全に治るまで時間がかかります。
それに、古傷として残りやすいです。

そのときに応じた治療をしていけば、治りも早まりますし、古傷として痛みが残りません。

「打撲で整骨院?」と言う方もいると思いますが、打撲の治療は専門分野です!
何かありましたら、気軽にご相談して下さい。

スポーツ打撲、転倒打撲、整骨院打撲、打撲治療、大倉山打撲、東横沿線打撲