診療時間
月曜~金曜
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~21:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~18:00
休診日
日曜日
   求人情報    
当院紹介
スタッフ紹介
交通事故治療
むち打ち治療
保険治療
労災治療
2021 12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
弁護士法人エース

日本最大級の医療総合求人サイト ジョブメドレー
2021年11月15日(月)

年齢はただの数字だ!~筋肉のメリット~

 

<年齢はただの数字だ!>

この言葉、当院の壁にも、院長が掲げました。

皆さま、この写真の女性の方をご存知ですか?

日本最高齢フィットネスインストラクターの

瀧島 未香(たきしま みか)さん。御年90歳。

65歳でジムに通い、運動を始める。それまでは、運動とは無縁の専業主婦だった。

79歳で、パーソナルトレーニングを受ける。

87歳で、フィットネスインストラクターに就任。

そんな瀧島さんが、運動を始めたきっかけは、ご主人の一言「太ったね」と指摘された事だったそうです。ジム通いを始めてすぐに、フィットネスに魅了され、5年で15㎏減量。

パーソナルインストラクターの先生は、「トレーニングが大好きな気持ちが、体中から溢れている。このままではもったいない。」と、半ば強引にインストラクターになることを勧めたそうです。

最初は尻ごみしていた瀧島さんでしたが、どんどん吸収して、遂に、インストラクターになられたそうです。

このお写真を拝見して、この柔軟性、鍛えられたお体、そして、この笑顔!

90歳という概念を打ち破ってくださいます。

ソース画像を表示

<老化は止められないが、筋肉は例外。筋トレで若々しさをキープ!>

私達の筋肉量は、40歳を過ぎると毎年1%ずつ減り続けます。筋トレをしないと、20年後には20%、30年後には30%の筋肉が減ってしまうのです。

筋肉は、活力エネルギーを生み出す「工場」のようなもの。筋肉量が少なくなると、体の動きに影響が出るばかりでなく、生産されるエネルギーが減り、基礎代謝がグッと落ち込むことになります。筋肉量の維持は、若々しさを保つためにも不可欠です。

老化を止めることは出来ませんが、筋肉だけは、例外!

トレーニングをすれば、何歳からでも筋肉量を増やし、機能を高めることが出来ます。

<そもそも筋肉とは(筋肉基礎知識)。。。>

体には、大小600を超える筋肉が存在します。生命活動を維持する上でも重要な役割を果たしています。

筋肉は、構造や働きの違いによって、3つの種類に分けられます。

筋肉の種類

①骨格筋(こっかくきん)

運動して増やせる筋肉のこと。筋肉全体の40%を占めています。関節をまたいで、骨についている2つの筋肉が伸び縮みすることで、体を動かすことが出来ます。

②心筋(しんきん)

心臓を動かしている筋肉。

③平滑筋(へいかつきん)

消化管や血管を動かし、消化や血流の助けをしている筋肉。

 

⇩⇩⇩

つまり、筋肉は、日常のあらゆる動作をするために欠かせない器官。

立つ・座る・歩く・上る・下りるなどの単純な動きも全て筋肉の伸び縮みによってなされています。

体を動かし、支えているのです。

さらには、血液を送り出したり、代謝と関連していたり、免疫にも深く関わっていたり、ホルモンを分泌する機能を持っていたりします。

また、筋肉のサポートによって骨は強くなり、血管系、リンパ系などの循環器もスムーズに動くのです。

これほどに重要な筋肉なので、筋肉の減少は、様々な日常生活に影響を及ぼします。

 

<筋肉のメリット>

①美しい表情と、顔のハリ

体幹には大きな筋肉が集中しています。この部分の筋肉が、美しい姿勢の維持には大切。また、その動きは、連動するデコルテや顔のハリにも大きな影響を与えます。

②太りにくい体幹を維持する

筋肉量が多いとそれだけ代謝がアップし、脂肪を燃焼しやすくします。

③疲れにくく、肩こり改善も

筋肉が正しく腕を支えると、余分な力が入らず、肩こりにもなりにくくなります。老廃物の代謝が促され、疲労回復も早くなるでしょう。

④美しい脚や肌も筋肉が支えている

老廃物が滞りやすい下肢。男性に比べて女性がむくみやすいのは、男性よりもベースの筋肉量が少ないのが理由です。脚の筋肉を鍛えると、リンパの循環をサポートして改善します。

脚はもちろん、顔の血色まで良くなり、むくみの改善にもつながります。

⑤足取りも軽快に、スタスタ颯爽と歩ける

全身の筋肉の約6割が集まっている下半身。筋肉があると、きれいな姿勢を保ちやすくなり、足もすっと上げやすく、素早い体重移動も容易になります。颯爽とした歩き方の素は、筋肉と言えるでしょう。

今も将来も、イキイキと健康でいるためには、「筋活」が必要です!

 

<キツイ筋トレでなくてなくて構わない。“寝ながらストレッチ筋トレ”>

何十㎏ものバーベルを上げ下げするような筋トレでなくても、しっかりと筋トレになります。

ここで、手軽にできるオススメのストレッチ筋トレを2つご紹介します。

①朝…「両足伸ばしストレッチ」

太ももとふくらはぎを意識しながら、10回繰り返します。

②夜…「自転車こぎストレッチ」

おなかや太ももの前側に力が入るのを意識しながら、なるべくゆっくり足を回すのがポイントです。

年を重ねるほど若々しくいたいのは誰もが願うもの。その方法は日常生活の中で活動量を上げ、筋肉量を減らさないことが一番の近道なのです。

 

・・・太尾町整骨院では、治療後のストレッチを患者様と一緒にしながら、ご自宅に帰っても、患者さん自身で続けられるようなストレッチを行っています。ご自宅でもがんばって続けていらっしゃる方が多く、だんだんと姿勢がキレイになられています。

また、寝ながらでも筋肉を動かし鍛えられるEMS療法も患者様と相談しながら、動きやすい体を作りのサポートをしていきます。

 

治療と共に、いつまでもイキイキと、患者様に.。