スタッフブログ

2020年1月31日(金)

寒い日には…。

おはようございます。

昨日の暖かさはどこへやら…今日は寒い一日になりそうですね(>_<)

空もどんよりグレー色…用がなければ家から一歩も出たくないのが本音(;^ω^)

昨日の青空が恋しいです(^-^)

 

寒い日は、ゆったりとお湯につかって温まる至福の時間が最高( *´艸`)

お湯につかると、疲れがとれて、身も心もリラックスできますね。特に、寒い冬のお風呂は冷えた体がじんわりと温まって、心地よさも格別。

 

お風呂につかるとき、科学的にも裏付けられている3つの作用が働いています。

まず1つめは体を温める『温熱作用』、2つめはお湯につかる事で体にかかる『水圧作用』、そして3つめが体が水に浮こうとする『浮力作用』。これらの作用が働きあう事で、健康に役立つ様々な効果が生まれます。

 

『温熱作用』
お湯につかって体が温まると血行がよくなり、これにより体内の老廃物や疲労物質を排出する働きが高まり、疲れやコリを遠ざけるのに役立ちます。

『水圧作用』
お風呂で全身欲をすると、体は腹囲が数センチ細くなるほどの水圧を受けます。この影響により、下半身に溜まった血液が心臓に押し戻され、スムーズな流れを促進。水圧が肺の容量を減少させるので、呼吸の回数が増え心肺機能が高まるとも。

『浮力作用』
お風呂につかると浮力が働き、体重は約9分の1程度に。普段体重を支えている筋肉や関節の負荷が減少し、体全体の緊張をほぐすことができます。浮力で体が軽くなると、精神的にもゆったり。心身ともにリラックスできるといわれています。

 

入浴前後にはしっかり水分補給をして下さいね(*^^*)

好きな香りの入浴剤を入れるのもオススメ(*^-^*)

 

今日も太尾町整骨院は21時まで受付しております!!!

酸素カプセルのみのご利用も大歓迎です
\(^o^)/

 

*技術提携院*

東急東横線綱島駅から徒歩4分、買い物にも便利な商店街地域にあります。

健康保険・交通事故保険・労災保険取り扱いしています。

「つなしま元気整骨院」

つなしま元気整骨院

ケガや辛い症状でお悩みの方は、是非、ご相談ください。

 

2020年1月30日(木)

アキレス腱炎

アキレス腱炎とは、足首の後ろにある太い筋のことで、この腱の痛みをアキレス腱炎といいます。また、腱には痛みはないが腱の周辺に痛みがある場合をアキレス腱周囲炎といいます。

原因は、使いすぎによるものが最も多いケースです。次にアスファルトやコンクリートなどの硬い路面で長時間歩いたり、走ったりした場合や衝撃吸収が悪いシューズで走ったり歩いたりした場合などがあります。

症状は練習を始めた時は非常に痛みが強く時間とともに、痛みが減少します。痛みは慢性化しやすくなりますので、早期の治療をオススメします。

当院のアキレス腱炎の治療方法は、冷却、電気治療、テーピングなどによる固定を行います。患者様の症状によりふくらはぎのストレッチ、マッサージに加え慢性化させない治療方法を行います。

2020年1月29日(水)

ぎっくり腰

ぎっくり腰を起こしたら最初は動く事が困難になり、

立ち上がるのも大変になります。

その場合には横向きに寝て、背中をまるめた姿勢をとると少し楽かもしれません。

無理に体を動かすとかえって症状を悪化させかねないので無理をしな方がよいでしょう。

激しい痛みがある場合は安静にしている方が良いと思われます。

自宅で安静にしているときに自分でマッサージなどをするのはさけましょう。

湿布薬で痛みをやわらげる程度にしておきましょう。

冷湿布か温湿布かと迷うところですが

じん帯や筋肉の断裂で出血がある場合や炎症を起こしているばあいは、

一般的には消炎作用のある冷湿布の方が適しています。

なので、お風呂で温めるなどは逆効果になる可能性があるので

最初の内は温めないようしましょう!

提携院↓↓↓↓↓

太尾町整骨院の提携院が横浜市港北区の綱島に新規オープンいたしました。

ベテラン柔道整復師とベテラン鍼灸マッサージ師による治療体制で多くの症状に対応できます。

東急東横線綱島駅から徒歩4分、買い物にも便利な商店街地域にあります。

健康保険・交通事故保険・労災保険取り扱いしています。

「つなしま元気整骨院」

つなしま元気整骨院

ケガや辛い症状でお悩みの方は、是非、ご相談ください。

2020年1月28日(火)

冬場の運動

おはようございます。

昨夜はみぞれまじりの雨でした。今朝は…雪でなくて良かったです(^-^)

でも、寒い!!

コロナウイルスもそうですが、インフルエンザもまだまだ流行っています(>_<)

マスクの着用。手洗い・うがいを励行しましょう\(^o^)/

 

寒い日の屋外で急に運動をすると、室内との急激な温度差によって血管が収縮し、交感神経も緊張・収縮してきます。すると血圧も上昇し、心筋梗塞や脳卒中、ごく稀ですが動脈瘤の破裂などを招く可能性があります。

また、寒いと筋肉も硬くなり、粘性(伸縮する性質)が低くなります。筋肉が硬いままの状態で重いバーベルを持ち上げたり急に走ったりすると、筋が断熱し肉離れなどを起こす可能性があります。ほかにも、関節可動域が減少し、骨と骨の間にある関節液が体が冷えることで少なくなり、脱臼することがあります。

冬場のケガや心筋梗塞が多いのは、筋肉や血管の収縮に原因があったからなんですね。

冬場の運動前に気をつけたい事!!

①極端な温度差をなくすこと

屋内と外気の温度差が激しいと、ケガや生活習慣病を引き起こす可能性が高まります。まずは部屋のエアコンを切って寒さに慣れてから外に出るのがよいでしょう。

②ウォーミングアップをすること

冬場の運動では準備運動がとても大切です。基本的に5~10分程度が望ましいとされており、心拍数が毎分120(高齢者だと100)程度になるようなウォーミングアップを目指してください。部屋と外との寒暖差がはげしい日は、室内で準備運動をしてから外に出るのも良いでしょう。

手順としては、まず、手足をほぐすなど、軽い全身運動を行い、次に、反動をつけない『静的ストレッチ』を、呼吸を止めず無理に筋肉を伸ばそうとせずに、ゆっくりとした動作で行ってください。それに慣れてきたら、もう少し負荷が高く動きのなかで柔軟性を発揮させる『動的ストレッチ』を加えて、徐々に体に負荷をかければと思います。ラジオ体操も、「2番」は関節を広く動かすなど、激しい動きが多くなっています。あれも『動的ストレッチ』が多く組み込まれているからなのです。

防寒グッズで体を冷やさないこと

運動する際の格好にも注意が必要です。理想的なのは、厚着一枚を羽織るのではなく、生地が薄いものを何枚か重ね着すること。運動量にあわせて徐々に脱いでいくことで温度調節がしやすくなるため、余分に汗をかいたりせず、筋肉の硬化も抑えることができます。手袋、ネックウォーマー、マフラーなどいろいろな防寒グッズで、できるだけ体全体を温めるようにしてください。スポーツウエアにも防寒性、通気性に優れたものがあります。

冬場の運動の際にケガや生活習慣病から身を守るには、寒さに体を慣れさせると同時に、筋肉を徐々に柔らかくしていくことが大切。準備運動と防寒グッズで、健康的な冬を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

本日も太尾町整骨院は21時まで受付しています(^_^)/

酸素カプセルのみのご利用も大歓迎(^_^)v

 

*技術提携院*

東急東横線綱島駅から徒歩4分、買い物にも便利な商店街地域にあります。
健康保険・交通事故保険・労災保険取り扱いしています。

「つなしま元気整骨院」

つなしま元気整骨院

ケガや辛い症状でお悩みの方は、是非、ご相談ください。

2020年1月27日(月)

交通事故治療

交通事故後の治療・むち打ち治療は太尾町整骨院にお任せ下さい!

交通事故による症状には早期治療が不可欠です。 現状では実感の無い後遺症が後になって発症するケースが増加しています。 むち打ちなどの交通事故によるお怪我をされた場合、太尾町整骨院では経験豊富なスタッフが むち打ち治療だけでなく的確なアドバイスもさせて頂きますので、ご安心ください!

当院はむち打ちをはじめ、専門分野の交通事故治療をしっかり行っていきます。 患者様それぞれに合わせた手技療法を中心に、電気治療などの物理療法を加え、 早期回復を目指し、専門知識に長けたスタッフが治療を行っていきます。

現在、他の病院(整形外科、接骨院等も含む)に通院中の方でも、 当院に切り替えが可能です。 また、整形外科等の病院の場合、当院との併用も可能です。 ご不明な点がありましたらお気軽にご相談下さい。

本日も21時まで受付しております!!!