スタッフブログ

2020年9月9日(水)

9月9日は重陽の節句

本日も20時まで受付中(^_^)/

運動不足に「EMS療法」がおすすめ(^_-)-☆

身体のトータルケアに「ハイパーボルトプラス」
大好評です(^_^)v

 

今日も朝から陽射しがまぶしいですね。

熱中症対策&コロナ対策をお忘れなく(^_^)/

先日見た韓国ドラマで、重陽の節句を菊酒でお祝いしている場面があり、調べてみました。

雛人形を飾る時期といえば春を連想しますよね。 しかし、秋にも飾る風習があるって知っていますか?

重陽の節句

提供:ウェザーニュース

9月9日は五節句の一つ重陽の節句。古来中国では奇数が重なる日は縁起が良く、中でも1番大きな奇数が重なる9月9日は特にめでたい日とされていました。 五節句にはそれぞれ邪気を払う植物というものがあります。1月は七草、3月は桃、5月は菖蒲、7月は笹・竹、そして9月は菊です。 重陽の節句では、菊の花を飾ったり、菊酒を飲むことで邪気払いや長寿を祝いました。

大人の雛祭り

この重陽の節句には、菊の花と共に雛人形を飾る風習があるのをご存知でしょうか。 「後の雛」と呼ばれ、始まりは五節句が庶民の間にも広がった江戸時代と言われています。 ではなぜ、9月に雛人形を飾るのでしょうか? 先程少し紹介しましたが、重陽の節句は邪気を払ったり、長寿を祝うもの。そこにあやかり、雛人形を再び飾ることで自身の健康や長寿を願ったのです。 3月3日の雛祭りは、女の子の成長を願うものですが、9月9日は大人の女性に向けられたもののようです。 また、雛人形を9月に飾って虫干しをすることで、長持ちさせる目的もあると言われています。 貴重な節句人形を大切にしていこうという昔の人の思いも感じられます。

いつまで飾る?

後の雛の場合、1か月後の10月9日、あるいは10月15日の人形の日までが推奨されています。 ただ、注意すべきは片付ける時の天気です。人形に湿気を残さないためにも、カラッとした秋晴れの日に片付けてください。

今度は自分のために

子どもが大きくなって、今では雛人形を飾ることもなくなったな…という方は、ぜひ自身の健康や長寿を願って、大人の雛祭りを行ってみてはいかがでしょうか。

 

21(月)22(火)祝日ですが休まず診療します!!
18時までの受付になりますのでご注意ください。