スタッフブログ

2020年9月2日(水)

防災

昨日は防災の日でした。

なぜ、9月1日が「防災の日」(。´・ω・)?

1923年9月1日、震度7の大地震が関東地方を襲い10万人以上の尊い人命が失われました。防災の日は、この関東大震災を教訓として、台風・豪雨・洪水・地震・津波などの災害についての認識を深めるとともに、こうした災害に対する備えを充実強化し、災害の未然防止と被害軽減の目的で1960年に閣議決定されました。防災の日が制定された1960年の前の年、1959年9月26日の「伊勢湾台風」よって大きな被害が出たことも、防災の日制定の契機となったそうです。伊勢湾台風では、戦後最大(当時)の大災害となり、自然災害に対する備えがいかに大切かを国全体が認識することになりました。

もうひとつは、9月1日が暦の上では「二百十日」に当たり、台風シーズンの到来となることです。二百十日とは季節の変わり目の目安とされる「雑節」のひとつで、2月の立春から数えて210日目の日のことです。

 

今年はコロナ対策に必死で、防災意識が薄れがちになってしまっているかも(^_^;)
台風だけではなく大きな地震や他の災害がいつ起きるか分かりません!!この機会に非常持ち出し袋の中身を確認(コロナ対策用品の補充)したり、備蓄食品の点検などしてみると良いですね。
改めて家族で防災対策を話し合うことも必要ですね。

まだ災害の備えをしていない方は…コロナ対策を含めた防災グッズを準備してみてはいかがでしょうか
(*^-^*)

 

本日も20時まで受付中(^_^)/

自費治療メニューを多数ご用意しておりますので、スタッフまで気軽にお声がけください(^_^)v