スタッフブログ

2019年12月14日(土)

こむら返り

こむら返りとは「腓腹筋けいれん」のことで、ふくらはぎの腓腹筋や神経が異常な緊張を起こし筋肉が異常な状態になり激痛を伴ったりします。

立ち仕事の人やお年寄り、ハードなスポーツをしている人に多く見られます。

原因として大きく分けて、病気の場合とそうでない場合に分けることができます。

病気の場合は糖尿病や肝硬変、腎不全、動脈硬化など内科の疾患、腰椎疾患や下肢静脈瘤など外科の疾患が考えられます。また、それらの藥の副作用でも起こります
頻度が多く、長時間続くようなら病院での精密検査が必要になってきます。

たいていの場合は病気以外によるもので、
①筋肉の使いすぎによる疲労
②ナトリウムやカリウムなど電解質の体内バランスの乱れ
③水分不足(脱水症状、熱中症など)
④運動不足など  さまざまです。

予防としては
①入浴をして血行をよくする
②足を冷やさない
③こまめに水分やうすめのスポーツドリンクを摂取する
④寝る前や運動後はつま先をひいたり、ふくらはぎを揉んでおく(ストレッチなど)
⑤伸びをする時、かかとを伸ばすようにする。また、寝る時には重い布団をかけない。(足の甲が伸びるとふくらはぎの筋肉が縮むのでこむら返りが起こりやすくなります

しかし、気をつけていてもけいれんをしてしまう場合があります。
その時は、足のつま先を手前に引き、ふくらはぎの筋肉を伸ばすことを1回30秒をお風呂上がりいに行ってください。
これだけでも、つりにくい身体に変わっていきます。

 

太尾町整骨院の提携院が横浜市港北区の綱島に新規オープンいたしました。

ベテラン柔道整復師とベテラン鍼灸マッサージ師による治療体制で多くの症状に対応できます。

東急東横線綱島駅から徒歩4分、買い物にも便利な商店街地域にあります。

健康保険・交通事故保険・労災保険取り扱いしています。

「つなしま元気整骨院」

つなしま元気整骨院

ケガや辛い症状でお悩みの方は、是非、ご相談ください。