診療時間
月曜~金曜
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~21:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~18:00
休診日
日曜日
   求人情報    
当院紹介
スタッフ紹介
交通事故治療
むち打ち治療
保険治療
労災治療
築地法律事務所
武蔵小杉あおば法律事務所
2018 6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

日本最大級の医療総合求人サイト ジョブメドレー

スタッフブログ

2018年6月11日(月)

ひき逃げにあってしまったら

~ひき逃げや自賠責保険未加入の事故では政府の保障がある~

自賠責保険に未加入の車や盗難車、あるいはひき逃げによって自動車事故にまきこまれた被害者は、加害者からの賠償を受けることが難しくなります。

この場合、被害者は泣き寝入りのままと考えがちですが、そのような人を救済するのが、「政府保障事業制度」と呼ばれている国の制度です。相手がいないない場合などに、国が代わって賠償金の支払いを行ないます。

あまり知られていないことですが国が行っている制度ですので、ひき逃げで被害に遭われた方は是非、請求されることをお薦めします。この制度は人身事故のみ対象となっていますので物損事故には適用されません。また、事故をした相手の車の自賠責保険が切れていた場合も適用されます。相手が払ってくれない場合など状況に応じては対象となりますので、もし分からない事があれば太尾町整骨院までお電話下さい。

政府保障事業の請求窓口

自賠責保険を取り扱う各損害保険会社であればどこでも受け付けてくれます。自分が加入している自動車保険の会社の事故センターへ電話をすれば状況に応じて教えてくれるはずです。請求のタイミングは治療が全て終わってからとなります。自賠責と違い仮渡し来金や内払い金はありません。必要書類は自賠責保険請求とほぼ同じです。事案によって多少異なりますので自賠責請求書類一覧を参考に最寄りの損害保険会社窓口にご相談下さい。

それ以外にも交通事故に関して分からない事があれば、太尾町整骨院スッタフに聞いて下さい。