診療時間
月曜~金曜
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~21:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~18:00
休診日
日曜日
   求人情報    
当院紹介
スタッフ紹介
交通事故治療
むち打ち治療
保険治療
労災治療
築地法律事務所
武蔵小杉あおば法律事務所
2018 3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

日本最大級の医療総合求人サイト ジョブメドレー

スタッフブログ

2018年3月12日(月)

ぎっくり腰

ぎっくり腰を起こしたら最初は動く事が困難になり、

立ち上がるのも大変になります。

その場合には横向きに寝て、背中をまるめた姿勢をとると少し楽かもしれません。

無理に体を動かすとかえって症状を悪化させかねないので無理をしな方がよいでしょう。

激しい痛みがある場合は安静にしている方が良いと思われます。

自宅で安静にしているときに自分でマッサージなどをするのはさけましょう。

湿布薬で痛みをやわらげる程度にしておきましょう。

冷湿布か温湿布かと迷うところですが

じん帯や筋肉の断裂で出血がある場合や炎症を起こしているばあいは、

一般的には消炎作用のある冷湿布の方が適しています。

なので、お風呂で温めるなどは逆効果になる可能性があるので

最初の内は温めないようしましょう!

大倉山 整骨院 腰痛 ぎっくり腰 治療 コルセット 骨盤ベルト