診療時間
月曜~金曜
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~21:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~18:00
休診日
日曜日
   求人情報    
当院紹介
スタッフ紹介
交通事故治療
むち打ち治療
保険治療
労災治療
築地法律事務所
武蔵小杉あおば法律事務所
2018 1月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

日本最大級の医療総合求人サイト ジョブメドレー

スタッフブログ

2018年1月23日(火)

雪、ゆき、⛄

 

おはようございます\(^o^)/

昨日の雪は4年ぶりに降りましたね(≧▽≦)

 

我が家では、主人も子どもも定時より早めの帰宅ができたので、ニュースで見る公共交通機関の大幅な乱れによる大混雑に巻き込まれることなく帰宅できましたが、皆さんはいかがでしたか?
帰宅時間がいつもよりかかった方が多かったのではないでしょうか…。

 

今後の為に、凍結路面を歩くときの注意をいくつかご紹介します。

*足の裏全体で歩く
滑ってしまう人の多くは、普段のクセで踵から地面に着いてしまい、後ろに体重がかかり転びやすくなります。

*歩幅に注意
前後の歩幅が大きいほど、着地の際に踵など一ヶ所に体重がかかりやすくなります。そのため前後の歩幅は小さい方が吉。
一方、左右の歩幅が小さい(左右の足が近い)と踏ん張りが効きにくいため、左右の歩幅は大きい方が良いかも。

*目線は足元
何気に重要なのが”目線”
足先を見ながら歩くことで路面状況を把握でき、踏んでも大丈夫そうな所がわかります。

*靴の種類も重要
女性のヒールのように体重が一点に集中しやすい靴、底を加工していない革靴のように引っ掛かりの少ない靴は滑りやすい。
専用グッズを用意しないまでも、面が大きく凹凸した靴底の靴の方が滑りにくくなります。

*時間に余裕を持って
「急ぐ・焦る」は滑るもと。
少し慎重なくらいでも、ゆっくり踏みしめて歩いた方が滑るリスクは下げられます。そのためにも時間に余裕を持って行動したいですね。

 

今日の日中の気温は10℃の予報。
屋根や軒先、電線の上の雪が融けていきなり落ちてくることがあるので頭上にご注意を!!!

あとは今日融けた雪が夜中に凍結してしまう可能性が…。
マンホールの上、横断歩道の白線の上がキラキラしていたら気を付けて歩いてくださいね\(^o^)/

 

今日は20時まで受付をしております。
雪道を歩く際に踏ん張って痛めた方、雪かきをして痛めた方、お待ちしております。
足元に気をつけてお越しください。