診療時間
月曜~金曜
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~21:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~18:00
休診日
日曜日
   求人情報    
当院紹介
スタッフ紹介
交通事故治療
むち打ち治療
保険治療
労災治療
築地法律事務所
武蔵小杉あおば法律事務所
2018 1月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

日本最大級の医療総合求人サイト ジョブメドレー

スタッフブログ

2018年1月16日(火)

静電気

今日の日中は春の陽気⁉
明日は午後から傘マークがついてましたね。

少しは乾燥した状態が緩和されますかね(^^;)

 

この時季の、服を脱ぐ時や車のドアの静電気の『バチッ!』いやですよね(>_<)

冬に静電気が発生しやすいのは、乾燥した状態(湿度が低い時)は空気中の水分が少なく電気を流す逃げ道が少ないため、人間や物体に電気が溜まりやすく、金属に触れた際などに一気に電流が流れ「バチッ」と放電されると言うわけです。

 

対策として…

*室内にいる時は、ドアノブなどを触る前に壁を触って放電。
ただし、金属やプラスチック素材では効果は期待できません。

 

*人間側の乾燥も影響。
肌が水分で潤っていればその水分を通して電気が空気中に放電されやすくなるので、電気を溜めづらくなるそうです。
全身保湿剤やハンドクリーム、トリートメントを使い、肌と髪の保湿を心がけましょう。

 

*衣類の素材によって、プラスとマイナスの電気をそれぞれ帯びやすいものがあり、重ね着の際にプラスとマイナスの素材を組合せて着ると静電気を溜めやすくなります。
とはいえ、どの素材がプラスかマイナスかはわからないですよね(^^;)
「静電気防止スプレー」を上手に使うといいです。
静電気防止スプレーには界面活性剤という成分が含まれていて、水分を引き寄せやすいという特徴があります。

 

その他にも静電気除去用ブレスレットやキーホルダーなどがあります。
効果のほどはわかりませんが(+o+)
静電気と上手に付き合いましょう。

 

本日は20時まで受付をしております。

夕方以降は日中と違い冷えますので、防寒対策をして気をつけてお越しください。