診療時間
月曜~金曜
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~21:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~18:00
休診日
日曜日
   求人情報    
当院紹介
スタッフ紹介
交通事故治療
むち打ち治療
保険治療
労災治療
築地法律事務所
武蔵小杉あおば法律事務所
2017 11月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

日本最大級の医療総合求人サイト ジョブメドレー

スタッフブログ

2017年11月21日(火)

鮭の皮

みなさん、鮭の皮にはコラーゲンが含まれていることをご存知でしたか?コラーゲンと言えば、お肌がプルプルになる成分だという認識をお持ちの方も多いと思いますが、残念ながらまだコラーゲンを口から摂取した際の美肌効果については、きちんとしたデータで示されていないのが実情です。

コラーゲンは皮膚や骨の成分となるタンパク質なのですが、人間だけでなく、牛や豚、そして魚の皮にも含まれています。魚の皮の場合は煮たり、抽出液につけたりすることでコラーゲンを抽出し、化粧品などの天然成分として広く活用されています。
しかも、豚や牛に比べて魚に含まれるコラーゲンの方が低い温度で溶けるため、体内での消化・吸収がよいのが特徴です。

ただ、近年の研究では少しずつではありますが経口摂取によって、体内のコラーゲン合成が促進されたり、血液の循環がよくなったりといった結果も発表されていますので、なんらかの因果関係は期待できそうです。また、ビタミンCと一緒に摂ることで、体内でのコラーゲンの合成が高まりますので、いも類や野菜を添えたりレモンを絞ったり、食後に果物を摂るのもオススメです。
現在は、肌につけることで余分な水分の蒸発を防いでくれることから結果的には乾燥肌が要因とされるしわやたるみなどへも有効なアプローチといえます。

この他にも、鮭の鼻軟骨から抽出されるプロテオグリカンは保水効果が高く、ヒアルロン酸以上といわれている今注目の成分であったり、鮭の赤い色素であるアスタキサンチンには高い抗酸化の作用があるため、体の酸化(老化)を気にされる方には、食事からのエイジングケアとして鮭をオススメします!

また、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)には、学習や記憶力によいだけでなく、生活習慣病の予防効果があったり、タウリンにはコレステロールの代謝を促進したりとあげれば様々な効果があるといわれている、実に優秀な食材なのです。

 

 

本日も太尾町整骨院は

20時まで受付をしております。