診療時間
月曜~金曜
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~21:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~18:00
休診日
日曜日
   求人情報    
当院紹介
スタッフ紹介
交通事故治療
むち打ち治療
保険治療
労災治療
築地法律事務所
武蔵小杉あおば法律事務所
2017 10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

日本最大級の医療総合求人サイト ジョブメドレー

スタッフブログ

2017年10月9日(月)

スマホ老眼

老眼とは、近いところが見えにくくなるなどの症状で、本来は40歳前後から始まる、目に起こる老化現象の1つです。

しかし、最近では長時間によるスマホの使用で、夕方頃になると老眼のような状態になる「スマホ老眼」になる20代30代急増しているそうです。

遠くは見えるのに、近くの文字がぼやけてみえる

小さい字を見るときは、少し遠くに離すと見えやすくなる

目の焦点が合いづらい

目の疲れ(無理に焦点を合わせるので)

目のかすみ

肩こり

頭痛

といったような症状が出ます。

目にはカメラでいうとレンズに当たる「水晶体」があります。この水晶体を、近くを見るときには厚くし、遠くを見るときには薄くなるように調節を行なっています。

スマホを見る際には、近くにピントを合わせるために毛様体筋の調節を行っているのですが、目を酷使することで、この毛様体筋に負担がかかってくるためこのような症状が出るそうです。

ついつい時間があるとスマホやパソコンを触ってしまいがちですが、長時間使用は避け、遠くを見たり、目を動かして目の緊張を和らげるなどして、定期的に目を休ませるようにして予防するとよいそうですよ。

本日も18時まで受付しております!!!