診療時間
月曜~金曜
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~21:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~18:00
休診日
日曜日
   求人情報    
当院紹介
スタッフ紹介
交通事故治療
むち打ち治療
保険治療
労災治療
築地法律事務所
武蔵小杉あおば法律事務所
2017 5月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

日本最大級の医療総合求人サイト ジョブメドレー

スタッフブログ

2017年5月6日(土)

学生のスポーツ障害

新学期が始まって1ヶ月が過ぎました。

ゴールデンウイーク中に部活動の試合など多かったようです。

今日は成長期に多いスポーツ傷害のご紹介です。

オスグット病:小学校高学年から高校生によく見られます。太ももの骨の成長に、筋肉や腱の成長が追い付かないため膝下の筋肉付着部を引っ張り炎症を起こし、腫れや痛みが起こります。この状態が長く続くと膝下(脛骨粗面)に骨の隆起が起こることがあります。

ジャンパー膝:ジャンプを繰り返すスポーツ選手や長距離走の選手によくみられます。繰り返しのジャンプ動作や太もも部分の筋肉疲労によって膝のお皿付近、又はお皿の下に痛みや腫れが起こります。

シンスプリント:ランニングや練習量が増えると足の脛の内側に痛みが出てきます。筋肉の柔軟性が低下し、筋肉の付着部が引っ張られ炎症を起こし腫れや痛みが起こります。

これらは運動による小さな外力、疲労などが蓄積し筋肉の緊張が強くなり、筋肉の付着部を引っ張り痛みに繋がります。それ以外にも成長期で骨の成長が加わり、引っ張る力が強くなるのも痛みが出る原因の一つになります。

筋肉の柔軟性をだす「ストレッチ」 痛みの強いときは「アイシング」をすると痛みが起きにくくなります!!

大倉山にある太尾町整骨院では、その症状にあった施術、ストレッチ指導、アイシング指導も行っています。

本日も18時まで受付しております!