診療時間
月曜~金曜
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~21:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~18:00
休診日
日曜日
   求人情報    
当院紹介
スタッフ紹介
交通事故治療
むち打ち治療
保険治療
労災治療
築地法律事務所
武蔵小杉あおば法律事務所
2016 8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

日本最大級の医療総合求人サイト ジョブメドレー

スタッフブログ

2016年8月24日(水)

暑さ防衛術

台風が過ぎたと思ったら、昨日は突然の豪雨と・・・
今日も予報では雨が降るようですが今のところ平気そうですね。

 

ところで最近「風邪を引いてしまって辛い」「頭痛が続いている」などの声をよく耳にします。

その原因のひとつでもあるエアコン!!!

夏には必要不可欠ですが、長い間エアコンのきいた部屋にいると体のだるさなど感じますよね。

そこで今回は、ちょっとした工夫で嫌な熱風から身体を守る防衛術をご提案します!

 

防衛術1 外出する前の準備で日射をシャットダウン!

カーテンを開けっ放しででかけていませんか?窓から入り込んでくる日射は閉めきった室内温度を上昇させるばかり。カーテンをキッチリと閉めて、出かけましょう。遮光カーテンでなくてもかなり効果はありますし、家にいるときでも、使っていない窓のカーテンは閉め、自分の居場所ではレースのカーテンを閉めておくというように、余計な熱をいれない工夫をするだけで、エアコンの活躍回数は減るはずですよ。

防衛術2 帰宅直後の換気を徹底

帰宅してすぐに「暑い暑い」とクーラーのリモコンに手を伸ばしていませんか?そのスイッチをつける前に、まずは窓を全開しましょう。風を室内にとりこんで、よどんだ熱風をかき回してしまうのです。風のない日や、窓の少ないお部屋では、扇風機を首振りモードにするのも有効です。こうして新鮮な空気を室内に取り入れることは、風水的にも◎。暑さ対策だけではなく、運気上昇にもつながると思えば、モチベーションもあがりますよね。

防衛術3 打ち水でベランダからの熱風をやわらげる

窓を開けたときに、まとわりつくような熱風が飛び込んできませんか?主な原因は2つ。エアコンの室外機から出る熱風と、ベランダのコンクリートで温められた空気のせい。これは、朝晩の打ち水で涼やかな風に変えることができます。朝、暑くなる前にコンクリートに水をまいておけば、気温が上昇する際に水が蒸発しながら嫌な熱をやわらげてくれます。帰宅した際の打ち水は、日中コンクリートに溜まった熱気を追い払い、室内に心地良い風を取り込むのにもお役立ち。ただし、昼前から夕方にかけての暑い時間の打ち水はNG。まいた水が湯気になって、暑苦しさの元になってしまいますよ。

防衛術4 グリーンの力を利用する

窓辺でツル科の植物を育てると、緑のカーテンとなり、日光をさえぎってくれます。植物から発する水分も熱い空気をやわらげてくれますので、省エネ効果が20%あると言われています。ただ、もう夏も終わり。今更、朝顔やゴーヤを育てるのも…と思われる方もいるでしょう。そんなときには、観葉植物を窓際に並べてみましょう。室内のグリーンは、鋭い日差しをやわらげる効果がありますし、室内の空気や湿度を調整する役割も果たしてくれるオールシーズンお役立ちアイテム。目線の先にグリーンがあれば、リラックスできますよ。

ちょっとした心がけで、エアコンにばかり頼る生活から開放されます。暑さ防衛術で、身体に優しい生活をしてみてくださいね。

 

 

 

 

捻挫・打撲・スポーツのケガ・交通事故のケガは大倉山にある太尾町整骨院にお任せ下さい!!