診療時間
月曜~金曜
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~21:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~18:00
休診日
日曜日
   求人情報    
当院紹介
スタッフ紹介
交通事故治療
むち打ち治療
保険治療
労災治療
築地法律事務所
武蔵小杉あおば法律事務所
2016 8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

日本最大級の医療総合求人サイト ジョブメドレー

スタッフブログ

2016年8月10日(水)

寝不足・・・

4年に一度のオリンピック開幕しましたね!

毎日の応援で寝不足という方も多いと思います。

寝不足のまま仕事・・・辛いですよね・・・

そこで、今日は寝不足を少しでも軽くする方法を紹介します!!

睡眠不足を、昼休みの昼寝で補ってしまいましょう。最も効率よく昼寝をとってリフレッシュするには、どうすればよいのでしょう。

昼寝の前はコーヒーを飲む

カフェインは飲んでから30分後に効き始めるので、昼寝の前にコーヒーを飲んでおけば、20分後にスッキリ目覚められます。

部屋は薄暗く、耳栓で環境を整える

耳栓でまわりの雑音をカットして、寝やすい環境を整えておきましょう。アイマスクを使って明るい光を遮るのもよい方法です。短時間で目覚める昼寝には、真っ暗にするよりも薄暗い方がよいようです。

時間は20分程度

30分以上になってしまうと、睡眠が浅い睡眠(レム睡眠)から深い睡眠(ノンレム睡眠)に入ってしまいます。ノンレム睡眠に入ってしまうと短時間でスッキリ目を覚ますことは難しいので、レム睡眠のうちに起きるのがコツです。アラームをセットして、寝過ごさないように気をつけましょう。

姿勢は横になるより、座ったまま

横になってしまうと、グッスリ寝てしまって短時間で目覚めることが難しいのです。椅子に座ってもたれたり、うつ伏せになったりして、少しだけ緊張感を残した姿勢をとりましょう。

起きたら光を浴び、体を動かす

昼寝の後は、太陽など高照度光を浴びて目を覚まします。また、体を動かしたりガムを噛んだりして、意識して体を起こすようにします。

お昼寝をして、午後も頑張りましょう!!!

 

 

大倉山にある太尾町整骨院はお盆もお休みせずに受付しています。