診療時間
月曜~金曜
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~21:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~18:00
休診日
日曜日
   求人情報    
当院紹介
スタッフ紹介
交通事故治療
むち打ち治療
保険治療
労災治療
築地法律事務所
武蔵小杉あおば法律事務所
2016 7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

日本最大級の医療総合求人サイト ジョブメドレー

スタッフブログ

2016年7月29日(金)

熱中症に注意!!

梅雨が明けました。本格的に暑い日が続いて行きます。こんな時は気を付けなければいけないのが、熱中症になります。テレビやラジオでも注意喚起していますが、こちらでも熱中症についてのお話です。熱中症にも、軽いものから重い症状があります。軽い順から

1・熱失神:「めまい」「立ちくらみ」「失神」 熱により皮膚血管が拡張することによって血圧が低下し、脳の血流が少なくなることによって起こります。

2・熱けいれん:「筋肉痛「こむら返り」短時間で大量の汗をかき、水分補給を水だけで補給した場合、血液の塩分濃度が低下し起こりやすくなります。

3・熱疲労:「頭痛」「吐き気」「嘔吐」「倦怠感」「虚脱感」 大量の汗をかくことによって、水分と電解質が失われ水分の補給が追い付かないと身体が脱水状態になり症状がでてきます。他にも下痢や寒気、集中力や判断力の低下も起きます。

4・熱射病:「意識障害」「痙攣」「身体に触ると熱いぐらいの高体温」「手足の運動障害」「おかしな言動や行動」 高温多湿の環境で運動や作業によって体温が上昇し、体温が高くなり(40℃以上)脳の体温調整を行う機能に異常が起こり、体温調整が出来なくなる状態です。

この中でも「熱疲労」「熱射病」は病院での輸液、入院が必要になる症状です。そうなる前に身体に違和感を感じたら涼しい場所で休息をとり、スポーツドリンクなどで水分補給をしましょう。

大倉山にある太尾町整骨院スタッフℋ