診療時間
月曜~金曜
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~21:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~18:00
休診日
日曜日
   求人情報    
当院紹介
スタッフ紹介
交通事故治療
むち打ち治療
保険治療
労災治療
築地法律事務所
武蔵小杉あおば法律事務所
2016 7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

日本最大級の医療総合求人サイト ジョブメドレー

スタッフブログ

2016年7月12日(火)

熱中症になりやすい人

昨日に比べ、今日は暑さも幾分落ち着いてるように感じます。

今日は昨日に続き、熱中症の情報をお伝えします!!

 

 

同じ環境下にいても、熱中症になりやすい人とそうでない人がいます。
年代別では、圧倒的に乳幼児や高齢者の発症率が高いのが現状です。
また、10代~50代ぐらいの人でも、夏に外で運動をする人、屋外作業が多い人、肥満ぎみな人、持病がある人などは、熱中症になりやすいです。

乳幼児の熱中症
乳幼児は大人よりも新陳代謝が活発で、体温も高いです。しかしながら、汗をかくことでの体温の調節機能が未発達であるために、一度体温が上がると平熱に戻りにくくなります。これが原因で熱中症になる確率が高くなります。乳幼児は高温多湿な環境下に長時間身を置かないようにすることが大切です。

屋外で仕事をする人の熱中症
屋外で働く人の熱中症は、年々増えつつあります。
炎天下での屋外での仕事は汗をかくことはもちろん、ヘルメットや作業着なども着ているケースが多いので、放熱が効率的に行われません。このため、小まめに日陰で休んだり、水分を補給しながら仕事をすることが大切です。

運動をする人の熱中症
屋外で運動をすると火照った体の体温調節のために全身から汗が出て行きます。
暑い夏は汗の蒸発も多く、想像以上に大量の汗をかいているのですが、ここで水分補給を怠ると脱水症状になり、熱中症になる危険が高くなります。屋外で運動するときは小まめに水分補給を行うことを忘れずにしましょう。また、日差しが強い日は、日陰で休憩するようにしましょう。

高齢者の熱中症
今日本で最も増えているのが高齢者の熱中症です。高齢者が熱中症になる原因のひとつに、脳と皮膚が気温を感じる感覚が鈍くなっていることがあげられます。発汗による体温調節の機能も鈍っているので、暑さの自覚が遅れたりします。

このため、高齢者の自宅には温度計・湿度計を常備し、いつでも温度を把握できるようにしましょう。クーラーを控える自宅もあるようですが、本当に暑い日は解禁して、28℃ぐらいに設定するようにしたいですね。

 

 

 

捻挫・打撲・スポーツのケガ・交通事故のケガは大倉山にある太尾町整骨院まで!!!