診療時間
月曜~金曜
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~21:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~18:00
休診日
日曜日
   求人情報    
当院紹介
スタッフ紹介
交通事故治療
むち打ち治療
保険治療
労災治療
築地法律事務所
武蔵小杉あおば法律事務所
2016 7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

日本最大級の医療総合求人サイト ジョブメドレー

スタッフブログ

2016年7月6日(水)

汗をかいたら・・・

これから先、暑さで汗をかくことが多い時期になってきます。

今日は、汗をかいた時の対処法をお伝えします!!!

 

多くの人は、汗をふく場合、乾いたハンカチやタオルを使います。でも、臭い防止を考えるなら、乾燥したタオルやハンカチではなく、固く絞ったぬれタオルでふくほうがよいのです。

なぜなら、臭いの原因は、皮膚に残った雑菌。乾いたタオルやハンカチは、汗の水分を吸収することはできても、臭いの原因になる皮脂や他の成分は取りきれないからです。皮膚に残った成分は、時間とともに雑菌を繁殖させ、臭いとなってあらわれます。しかし、ぬれたタオルならば、水分だけでなく皮脂汚れも取り除くことができるので、時間がたっても臭いがしません。

もちろん、塗れタオルのほうがさっぱりするという効果もあります。

また、かいたばかりの汗は無臭です。ですから、汗をかいたらできるだけ早くふき取ることも汗の臭い防止には効果的です。

身近にあるものを使って手軽にできるので、無理なく続けられます。トイレに入ってぬれタオルでワキなどをふくとすっきり。あとは洗って、また密封袋に入れておけばいいだけですから、ものすごく簡単です。

ただし、使ったタオルを何回も繰り返し使うのはよくありません。タオルそのものに臭いがついてしまうので、それで汗をぬぐっても、むしろ逆効果。使ったら、水洗いしてから密封袋に戻すことをお忘れなく。

 

 

捻挫・打撲・スポーツのケガ・交通事故のケガは大倉山にある太尾町整骨院まで!!!