診療時間
月曜~金曜
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~21:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~18:00
休診日
日曜日
   求人情報    
当院紹介
スタッフ紹介
交通事故治療
むち打ち治療
保険治療
労災治療
築地法律事務所
武蔵小杉あおば法律事務所
2016 4月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

日本最大級の医療総合求人サイト ジョブメドレー

スタッフブログ

2016年4月13日(水)

けんしょう炎

甘く見ているけれど、ほんとはコワい症状。 じつはけっこうあるんです。

たとえば、手の親指がなんとなく痛い。 「でもまあ、ガマンできないほどじゃないし、そのうち治るよね」と思って、そのままにしておくと、日常生活に支障が出るほど、痛みがヒドくなってしまうかもしれません。

あまり意識していませんが、わたしたちは想像している以上に「手」を酷使しています。 なかでも重要な役割をしている親指。 デスクワークや家事全般、細かい作業をされている方はとくに、知らず知らずのうちに小さな疲労がたまって、親指が痛くなってくるというケースが多いんです。

お子さんをよく抱きかかえている子育てママさん。妊娠出産期の女性、更年期の女性も要注意です。

親指の痛みは腱鞘炎(けんしょうえん)になり、さらに悪化すると、字を書くことや普段なにげなくしている手作業ができなくなってしまいます。

仕事をしたり、家事をしたり。 多くのことができなくなってしまうのです。

 

親指の痛みのモトをさぐると、拇指球(ぼしきゅう。母指球とも書きます)にたどりつきます。 拇指球にコリがあるから、痛みが出てきてしまうんですね。

拇指球とは、親指のつけ根にある、ふくらんでいるところです。 親指が曲げられるのは、拇指球のおかげです。 にぎる、つまむ、ものを支えるなど、チカラをつかう動作から、きめ細かな動作まで、手の動きに欠かすことのできないものでもあります。

腱鞘炎とは、カンタンに言うと、腱と腱を包みこんでいる腱鞘が炎症を起こして、腫れてしまう症状です。 腱が腱鞘のなかを滑らかに動かない状態なんです。

 

 

捻挫、打撲、腰痛、肩こり、脱臼、骨折、交通事故のケガ、スポーツのケガなどでお悩みの方は大倉山にある太尾町整骨院まで!!!