診療時間
月曜~金曜
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~21:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~18:00
休診日
日曜日
   求人情報    
当院紹介
スタッフ紹介
交通事故治療
むち打ち治療
保険治療
労災治療
築地法律事務所
武蔵小杉あおば法律事務所
2016 4月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

日本最大級の医療総合求人サイト ジョブメドレー

スタッフブログ

2016年4月11日(月)

ランナー膝

ここのところ、ジョギングやウォーキング、マラソンがブームになってます。

手軽にはじめられることが魅力のひとつですが、手軽にはじめられる分、間違った歩き方、走り方をされている方も多いようです。

日常生活で歩いたり、走ったりするぐらいなら、痛めなかった足も、ジョギングやウォーキング、マラソンで一気に悪化させてしまうケースもあります。

その代表的な症状に、「ランナー膝」があります。
「腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)」という症状ですね。

 

ヒザの外がわの靭帯(腸脛靭帯)と大腿骨(だいたいこつ・太ももの骨)の摩擦によって炎症が起こり、痛みが発生するのです。
腸脛靭帯を押してみると、痛みがある。その場合、まずランナー膝になっていると思っていいでしょう。

ちなみに、靭帯(じんたい)とは、骨同士をつなぎ、関節の動きを滑らかにしたり、制限したりする組織のことです。
強い弾力性があるのですが、急激な運動、過度の疲労により、靱帯断裂などを起こす場合もあります。

そのほかの症状として、脚のつけ根に激痛がはしる(股関節痛)、脚が上がりにくい、ひらきにくい、大腿(だいたい・太もも)の外がわが痛む、ヒザの外がわが痛むなど。

サポーターをしたり、テーピングをしたとしても、日常生活に支障が出てしまいます。

また、ランナー膝(腸脛靭帯炎)は、ウォーキング、マラソンにかぎりません。
最近、流行している自転車、ロードバイクをはじめ、水泳、陸上競技全般でも発症します。

 

ランナー膝(腸脛靭帯炎)の予防&改善のカギを握っているのは、大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)です。

ズボンの前ポケットあたりに手を当ててください。
そこにあるのが、「大腿筋膜張筋」です。

太ももをあげる、股関節を外がわへひらく、つま先を内がわに閉じる。
この筋肉には、そういう働きがあります。

原因はいくつかありますが、この「大腿筋膜張筋」がコリ固まると、ランナー膝になってしまいます。

また、姿勢にも大きな影響を与えています。
骨盤が前傾している、いわゆる「反り腰(そりごし)」の方も、この筋肉がカタくなっています。O脚の方もそうですね。

大腿筋膜張筋をほぐして、ランナー膝を予防しましょう。

 

ランナー膝でお悩みの方は大倉山にある太尾町整骨院まで!!!