診療時間
月曜~金曜
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~21:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~18:00
休診日
日曜日
   求人情報    
当院紹介
スタッフ紹介
交通事故治療
むち打ち治療
保険治療
労災治療
築地法律事務所
武蔵小杉あおば法律事務所
2016 4月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

日本最大級の医療総合求人サイト ジョブメドレー

スタッフブログ

2016年4月4日(月)

腰痛

腰痛は、日々の生活をツラいものにします。

ちょっと動いただけで、痛みがはしり、思わず腰に手をあてる。
歩いていても、座っていても、ずっと痛みがつづいている。
しばらく動けなかったり、鈍い痛みが残っていたり。

仕事や家事、毎日の生活に、大きな支障をおよぼすもの。それが腰です。

この腰痛。「ヒトの宿命」とも言われる症状なんです。
年齢、性別にかかわらず、だれもが一度は発症する、と言われているんですね。

しかも、腰痛がつづくと、血流が悪くなっていくので、神経に悪影響を与えたり、重大な病気を引き起こしてしまう原因になるかもしれないのです。
直立二足歩行になったことで、両手がつかえるようになり、劇的な進化をとげたヒトですが、それとひきかえに、「腰痛」を発症するようになってしまいました。

直立二足歩行と腰痛の関係。その答えは、「頭の重さ」にあります。
頭の重さを支えるため、腰に負担がかかるようになってしまったんですね。

じつは、これがほとんどの腰痛の原因と言われています。

一般的な成人の場合、頭の重さは、体重の約10%。およそ1割と言われています。
体重が60キロの方でしたら、6キロもの重さがあるのです。それほど重いものをずっと首のうえにのせているわけですから、当然、細い首にはどんどん疲労が溜まっていきます。

とくに、長時間のパソコン・スマホ作業や家事などで、前かがみになることが多いと、首にはさらにストレスがかかってしまいます。

 

そんな重い頭、細い首を支えているのは、脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)という筋肉です。
とても大きな筋肉群で、首のうしろから腰にかけて、背中の真ん中をタテに長く走っています。骨盤と脊髄(せきずい)をつないで、脊柱や背筋を起立させる、身体の根幹となる重要な筋肉です。
歩いているときも、立っているときも、イスに座っているときも、正しい姿勢を維持するためにこの筋肉がはたらいています。

反対に言いますと、この脊柱起立筋がコリ固まっていると、正しい姿勢が維持できなくなります。頭の重さに負けて、猫背になったり、反り腰(そりごし)になったりしてしまうのです。
ちなみに、反り腰とは、前側の筋肉と、うしろ側の筋肉のバランスがくずれて、腰が反りすぎている状態のことを言います。余談ですが、よく言われる「ぎっくり腰」は、「腰の捻挫(ねんざ)」のことなんです。

しかも、自分の姿勢の悪さには、なかなか気づかないもの。
身体のバランスを崩したまま、ほうっておくと、ますます腰に負担がかかって、腰痛を悪化させてしまいます。

腰痛でお悩みの方は大倉山にある太尾町整骨院まで!!!