診療時間
月曜~金曜
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~21:00
土曜・祝日
[午前] 9:00~13:00
[午後] 15:00~18:00
休診日
日曜日
   求人情報    
当院紹介
スタッフ紹介
交通事故治療
むち打ち治療
保険治療
労災治療
築地法律事務所
武蔵小杉あおば法律事務所
2015 7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

日本最大級の医療総合求人サイト ジョブメドレー

スタッフブログ

2015年7月31日(金)

連日の猛暑で少し外出するだけでも大量の汗が出てきますね。

ベタベタする、服は濡れる、化粧は崩れる、におう…と、

汗にはどうしても嫌なイメージがつきまといますよね。

しかし汗は体にとって、体温調節という重要な役割を果たしています。

運動や暑い外気に触れて、体内で熱が生産されたときに体外へ熱を

放出することで熱量のバランスを取り、体温を一定に保っています。

汗をかかなくなると放出されるべき熱が体内にこもってしまい、

それが原因で様々な症状が出やすくなります。

①熱が体にこもって熱中症になりやすくなる

発汗による体温調節能力が低下し、体温上昇が制御しきれず、

熱中症が重症化しやすいと考えられています。

②低体温になり冷え症になる

汗が出ないと、体の中で水分が飽和状態になり、余分な水分のせいで

体が冷えます。

③自律神経が乱れ、免疫力が低下する

低体温になると、体温が一定に保てなくなり、自律神経自体の働きが

低下します。

また、免疫力も低下し、風邪をひくなど感染症にかかりやすくなります。

④太りやすく、痩せにくくなる

汗腺が働いてくれないなら、体の方はしかたなく代謝の回転数を

落として熱をできるだけ出さないようにします。

汗をかかない状態が続くと、人間は低代謝状態になるということです。

⑤体臭がきつくなる

汗腺が衰えてしまった不健康な体の場合、ミネラルとニオイ成分が

再吸収されないまま汗をかき、水分・ミネラル・ニオイ成分の3つが

すべて出てしまいます。これがクサイ悪い汗の正体です。

 

良い汗をかくには生活習慣の改善が必要です。

ジョギングやウォーキングなどの適度な運動をすることで新陳代謝が

上昇します。

又、普段お風呂をシャワーだけで済ませている人は、浴槽に浸かる

ことも改善法となります。

冷たい物や飲み物は出来るだけ控えて、温かい物を摂取するなどして

食生活を正すことも大事なポイントです。

改善されると体温調節がスムーズにでき、熱中症にかかりにくく

なります。

又、代謝があがり、内臓機能が回復しむくみや冷えが改善されます。

そしてドロドロ汗を出すことにより体内の老廃物を排出し、

デトックスがスムーズに出来ます。美肌にも効果がありますよ!

 

 

太尾町整骨院は明日8月1日(土)も
午前9時~午後1時・午後3時~6時まで診療しています。
2015年7月30日(木)

交通事故

突然・・・事故にあう

交通事故では思わぬ怪我をします。

歩いている時やバイクに乗っていて、巻き込まれ転倒したり、転倒しなくても足を車で踏まれたりと普段は身体にかかることのないとても大きな外力が加わり怪我をします。交通事故での怪我は、この大きな外力が原因となり、自分で転んだりぶつけたりするよりも治りが遅く、長いと3ヶ月~6ヶ月間も治癒までにかかる場合もあります。痛みが良くなってきても、ふとした時に出たりするので、根本原因を取り除き痛みや辛さが出ないように治療をしていきます。

交通事故の怪我だと後になっても、痛みが残ると心配になると思いますが、適切な治療を続けていくとその後の痛みもなく過ごせるようになります。

交通事故の怪我・スポーツの怪我・骨折・脱臼・打撲・捻挫など太尾町整骨院にお任せ下さい!!

2015年7月29日(水)

湯船につかろう!!

毎日、ちゃんとお風呂につかっていますか?

夏は暑いのでシャワーで済ませてしまう人が多いと思いますが、最近はどうでしょう。
あったまりたいからつかる、と答える人も多くなってきているはずですが、予定が詰まっていて忙しいとどうしてもシャワーだけで簡易に済ませてしまうときもあるかもしれません。

なんとなく、シャワーだけで済ませてしまうよりも、きちんとつかった方が健康のためにも良いんだろうなぁとは思っていましたが、具体的にどのようなメリットがあるのかという部分までは知りませんでした。

そこで、調べてみたところ・・・

●湯船につかる入浴で得られる7つの効果

1.血行が促進される
私たちの体はきちんと入浴することによって、温熱による血管拡張作用で血行が促進されていきます。
それに加えて、内臓や筋肉への酸素や栄養分の補給が増し、腎臓や肺からの老廃物の排泄も促されます。

2.静水圧による引き締め効果
女性の方はスルーすることができないような内容ですが、どういうことでしょうか?お風呂に入って、肩まで体を湯の中に沈めた場合、湯の水圧(静水圧)は500キロにもなり、胸囲が2~3cm、ウエストが3~5cmも引き締まっているそうです。
この静水圧は血管やリンパ管を圧迫して、血行やリンパ液の循環をよくし、全身の代謝を活発にさせる効果があります。

とくに下半身にある腎臓の血流もよくなるので、排尿量が増えて「むくみ」や「冷え」の緩和につながります。

3.皮膚清浄の美容効果

入浴して体温が上昇してくると、皮脂腺からは皮脂が分泌されます。
汗腺からの汗と混ざって皮脂腺をつくり、肌に潤いをもたらします。

4.浮力による体重軽減

お風呂に体を沈めると、体重は10分の1以下になります。
これにより、足腰の筋肉をはじめ、体の関節などが重圧から一時的に解放されるので、心身のストレス解消になります。

5.リラックス・ホルモンが分泌される

心地よい温度のお湯の中に入ると、βエンドルフィンなどのリラックス系ホルモンが分泌されます。
なので、心身ともにゆったりと過ごすことができるのですね。

6.病気の予防にもなる
白血球の働きが温熱効果やリラックス効果、血行促進効果によって高められ、あらゆる病気の予防や改善に役立ちます。

7.脳梗塞や心筋梗塞にかかりにくい体質になる
入浴の温熱効果により、血栓を溶かすために備わっているプラスミンという酵素が増えるので、脳梗塞や心筋梗塞の予防に役立ちます。

以上、お風呂につかることで得られる7つの効果についてご紹介しました。

私たちは体験的に、あるいは感覚的に入浴することで心身ともにリラックスできたりして元気になれるということを知っていますが、こうした具体的なメリットを詳しく知ることによって、より一層「これからはちゃんとお風呂につかりたい」と思えたのではないでしょうか?

骨折、脱臼、打撲、捻挫、交通事故、スポーツ障害、寝違え

 

2015年7月28日(火)

整形外科と整骨院(接骨院・ほねつぎ)の違い

 

今回は整形外科と整骨院の違いについてのご案内です。

整形外科と整骨院では運動器(筋肉・骨・関節)の治療を行う部分で診療科目がリンクする部分があります。

何が違うかと言うと…

 

整形外科

医師免許を要する医師が運動器や神経の外傷や病気に対して治療を行います。

具体的には骨折、脱臼、骨肉腫(骨の癌)、変形性関節症、後縦靱帯骨化症、ヘルニア、脊椎分離症、脊椎管狭窄症、神経麻痺、痺れ、側弯症、骨粗鬆症などです。

 

診断方法

レントゲン、MRI、CT、超音波、血液検査、骨密度測定などの精密検査が中心で徒手検査など、症状により必要な検査を医師が判断し診断します。

 

治療方法

手術、投薬、注射などの治療がメインでリハビリも行います。

 

整骨院(接骨院・ほねつぎ)

柔道整復師という免許をもった施術者が運動器に発生する急性・亜急性の外傷(骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷)や筋肉、関節に起こる痛みに対して施術を行います。

ぶつけた、捻った、転んだ、急に痛くなった、痛みが続いている

あざができた、腫れている、力が入らない、歩けない、

湿布を貼っているが痛みが取れない、動き出しに痛む、持続した違和感がある、朝の起きがけに痛む、疲れてくると痛い

など…

 

 

つまり整骨院は…

外傷(怪我)の施術が専門です!!

 

診断方法

主に徒手検査(視診、触診)がメインで患部に直接手を当て検査をする事を得意としていて症状の鑑別を行います。

レントゲンやMRIなどの精密検査を行う事は出来ませんので徒手検査を行い精密検査が必要と判断した症状は医師に診察を委ねることがあります。

 

治療方法

これも「手当て」する事を得意としていて外傷に対しては整骨院特有の整復方法(損傷した組織を元に戻す)や固定処置(包帯・テーピング・副木・三角巾など)を行い早期治癒に勤めていて、リハビリでは主に手技療法(マッサージやストレッチなど)をメインに行います。

他にも電気治療やアイシング、温熱治療などの物理療法も症状により使い分けます。

手術や投薬、注射などは出来ません。

特にレントゲンでは写らない部分の筋肉・靭帯・腱の治療を得意としています。

 

整形外科と整骨院に同時に通院する事も可能で整骨院では出来ない分野を整形外科で治療して頂き、整形外科ではやらない分野を整骨院で行う事でより治療効果を高め早期症状の改善を目指す事も可能です。

(同時受診は一部健康保険組合では認めてもらえないところもあります。また症状によっては整骨院での施術について医師の同意が必要な場合もあります。)

 

当院では症状によって整形外科や他診療科の病院も含め病院への診察を推進しています。

必要がある場合やご希望があれば紹介状をお書き致します。(無料)

病院との連絡を密に図る事により患者様に、より安心して、質の高い、安全な施術を提供出来るからです!

 

また外傷に限らず「こんな症状なんだけどどこの病院又は何科に受診すれば良いの?」などの健康相談も受付ています。

 

ご相談だけでも喜んで対応致しますので、お電話でも結構です、遠慮なくご相談ください!!

 

 

 

 

 

 

大倉山 整形外科  港北区 整形外科  大豆戸町 整形外科  大曽根  整形外科  休日診療 整形外科

2015年7月27日(月)

ふくらはぎを柔らかく

ふくらはぎの筋肉は主に、表層にある腓腹筋ヒフク)と深層にあるヒラメ筋で構成されています。

この2つの筋肉が最終的に合流し構成するのがアキレス腱になります。

最近、ふくらはぎがよくつってしまったり、仕事終わりに脚がむくんだりしていませんか? それは、ふくらはぎの筋肉が硬い証拠です!!

筋肉が硬いと筋肉に柔軟性がなく、力を入れた時につってしまいます。(筋肉の柔軟性が欠けているだけではなく、睡眠不足・水分不足・冷えなどの原因もあります。)

むくみも同じで、筋肉が硬くなると本来のゴムのように伸びたり縮んだりが出来なくなり、それにより血の流れが悪くなり、身体の中に不要物が溜まってしまいむくみの症状がでます。

つってしまうのと、むくむことの共通の改善策は、ふくらはぎの筋肉を柔らかくすることと、プラスで水分補給をする事です!

筋肉を柔らかくするには、ストレッチがおススメです!アキレス腱を伸ばすストレッチでふくらはぎも伸びつらなくなり、ストレッチをする前か後に水分補給をすることで、体内の代謝を促し、むくみも無くなります!

ふくらはぎの痛み、足がつる、むくみの解消法、大倉山、港北区、交通事故